資源活用

土の活用法

現代では資源利用の効率化を図った様々な方法が開発される様になっています。こうした目的を持った方法の1種に、土質改良プラントと呼ばれる設備が挙げられます。 土質改良プラントとは、従来は産業廃棄物として処理されていた土から、工場資源として再利用が可能な成分だけを選別して抽出する事を可能とする設備を指しています。 元々、主に上下水道工事によって発生する建設発生土と呼ばれる土は、産業廃棄物として埋め立て処分が施されるケースが一般的でした。 土質改良プラントではこうした土を処理して、強度と施工性を併せ持つ改良土としてリサイクルする事を実現しています。 これにより、資源の有効活用の他、処分場の飽和化という問題を軽減する利点に繋がっています。

土質改良プラントを含めた、産業廃棄物の再利用に関する取り組みは、近年あらゆる面で進められてきたと言われています。 代表的な例としては、まず法律面での整備が挙げられます。土を含めた産業廃棄物の取り扱いには相応の許可や準拠が求められており、またリサイクルにおいてはその基準の確立が不可欠なため、それらに関する法律整備が進められてきた経緯があります。 その上で、各自治体や各業者による取り組みがなされる様になったとされます。具体的には運ばれてきた土の選別能力向上や使用機器の性能向上、改良プロセスの工夫などが挙げられます。それらの対処により、以前と比較しての再利用率の向上がみられているとされています。 近年では周辺環境の影響が少ない様なプラント施設の開発を工夫しているとも言われています。