コインパーキング

車の運転席の様子

駐車場の工事で特に増えているのは、なんといってもコインパーキングにするものです。要するに機械を設置する工事です。コインパーキング用の機械はリースでありますから、そうしたほうがよいです。 どんなものにもいえるのですが、買うのはかなりリスクがあります。元々、投資の中でも駐車場というのはそんなにリスクが高いわけではないのです。ですから、コインパーキングにする、というのはリスクが高くなることでもあるのです。 但し、それでも利益率が高くなりますから、やるメリットはあります。もちろん、投資ですから確実ではないのです。 しかし、駐車場を工事して、さらに使い勝手がよいものにするのには、集客性を高めるというメリットがあるわけです。実に難しい判断ですが、駐車場の工事を検討するべきです。

土地が余っていて、それなりに車の需要があるところであれば、駐車場にするとよいです。駐車場は土地活用の方法として、意外とリスクが低いです。工事もとりあえず、排水と水平にするだけでよいのです。それだけで最低限の工事にはなります。もちろん、出来れば、しっかりとした塀や監視カメラがあったほうがよいのですが、そこまでの駐車場にするかどうかは予算次第です。 充実させるかどうかはともかくとして、工事費用は抑えたほうがよいです。駐車場といえども投資になります。 ですから、工事費用が安いほうが損益分岐点が低くなります。これが駐車場を造るときのコツの一つになりますから、覚えておくべきです。意外と豪勢に作ってしまう人がいます。