法的トラブルは弁護士に相談すべし|事務所選びのポイントを調査

記事一覧

増える相続での法律相談

裁判

プロが介入して解決に前進

相続の問題を、弁護士に依頼し、解決しようとするケースが岡山では少なくありません。岡山で弁護士が、相続問題において活躍する理由の一つは、介入してもらうことで紛争を回避できることが多いからです。相続は、親族同士で感情的にもつれることがよく見られる問題です。些細な誤解や勘違いが疑心暗鬼を生み、決定的な対立に発展してしまうこともあります。ここで大切なのは、客観的な視点で問題を見つめ、お互い冷静になって判断することです。第三者であり、法律のプロである弁護士に間に入ってもらうことで、当事者が考え直す機会が与えられ、話がまとまりやすくなるメリットがあります。また、相続において自分の権利を主張するためにも、弁護士は頼りになる存在です。相続は相続人の合意によって決まりますので、それぞれの取り分などはしっかり主張しないと、損をすることもあります。特に相続財産が明らかでない場合や、遺言書がある時に遺留分の減殺請求をする場合などは、独力での権利主張は難しいことが多いです。弁護士からサポートを受けることで、相続財産の把握が進んだり、厄介な遺留分請求手続きをミスなく行うことができます。さらに岡山においては、被相続人が生きている間にあらかじめ紛争予防をするケースも増えています。遺言による遺産分割が代表的な解決法ですが、ここでも弁護士は大いに活躍してくれるのです。遺言の書き方から、実際に遺言の内容を実現する遺言執行に至るまで、支援を受けられるので、円満な相続が期待できるでしょう。岡山には、こうした予防対策に力を入れている弁護士事務所も多いのです。

Copyright© 2017 法的トラブルは弁護士に相談すべし|事務所選びのポイントを調査 All Rights Reserved.