土地改良について知っておこう

ブランドの用途

タコメーター

道路や駐車場がひび割れした時はアスファルト舗装を依頼しましょう。専門家による施工で綺麗で利用しやすい環境に変えてくれますよ。

不動産会社に土地や建物の管理を一括して任せませんか?一括借り上げを行なえば管理運営を不動産会社が行なってくれるので負担が無くなります。

 建設現場においてはまず家などの建築物においては、土を掘り基礎などを埋め込むことを基本とします。また電気工事や下水管工事などもどうしても土を掘り返す必要があります。こうした工事を行った後にはどうしても土が余ります。 余った土を埋め立て地などの土にすることもできますが、再資源化を行うことで新しく土質改良プラントとして利用することもできます。 こうした土質改良プラントの特徴は安定した供給があることで工事現場において有用となっています。また、価格についても安いです。一般家庭においても手軽に土質改良プラントを購入することで園芸用や農作業用などの用途に利用できることで人気があります。 購入手段については建設会社が販売している場合も園芸関係の会社が販売している場合もあり、入手は簡単です。

 土質改良を施す工程としては、まず建設現場などで発生した土をリサイクル工場などへと運びます。リサイクル工場などに運ばれた土をホッパで保管しておき、フィーダを送ったあと固化材を混ぜ合わせます。固化材としては主にセメントなどの原料が使われます。 専用のミキサー装置を使って充分に土砂と固化材とを混ぜておくと土質改良プラントが出来るという仕組みです。 こうした土質改良プラントに変えるという取り組みは、現在のリサイクル業界においてはごく一般的にかつエコを語る上で欠かすことのできないものとして存在し続けています。 またこうしたエコを重視した工法を積極的に取り組んでいくことによりコストダウンすることができるため、経済的効果の面においても非常に価値の高い効果が出ています。

資源活用

土の活用法

限りある資源を活用するため、土質改良プラントという設備があります。産業廃棄物から再利用可能な土を抽出できる設備で、他にも環境面に配慮した取り組みが多く行われています。

Read more

安価で除去

作業員

かつては高額だったアスベスト除去も、現在は技術の発達もあり、安価で行ってくれるようになっています。また、インターネットを利用することで素早く駆けつけてもらうこともできます。

Read more

ソーラーシステム

太陽光発電

太陽光発電システムを導入するためには、範囲や性能にも左右されますが、300〜1,000万円程度だと考えていいでしょう。ランニングコストも考慮に入れなければなりませんが、その後は発電できるので、相殺できます。

Read more

コインパーキング

車の運転席の様子

駐車場を工事してコインパーキングにすると、そのための機器はリースできますので、よい投資となりえます。しかし集客性なども考えないといけないので、よく考えて設備を整えましょう。

Read more

面積に比例

ブルドーザー

アスファルト舗装を行う際の費用は、その面積に比例します。時間のかかる工事なので、計画的に行う必要があります。商用利用以外にも、自家用車のタイヤを守るために駐車場をアスファルトにするメリットもあります。

Read more